社内SEのやりがい

自社内の情報システムの運用や企画、支援システムの企画など幅広い役割を求められる社内SE。

その最大のポイントは特定の企業に就職し、社員の形で仕事を行っていくこと。

同じような仕事で開発・構築系エンジニアの「SIer」という職種もありますが、こちらは社内SEとはさまざまな面で異なっています。

社内SEの求人情報をチェックする際にはまず仕事そのものにどのような魅力があるのか、やりがいを感じられるのかを知っておく必要があります。

最大のポイントは上述したようにひとつの企業で働くこと。

SIerの場合、クライアントの依頼に併せてシステム開発や運用を行うことになります。

つまり依頼やプロジェクトごとにクライアントが代わり、仕事環境も大きく変わってくることが多いのです。

しかし社内SEの場合は雇用された会社に腰をすえて仕事を続けていくことになります。

逆を言えばやりがいを持って働ける就業環境が重要になってくるわけです。求人情報をチェックする際にはこの点を最重視しましょう。

あとは継続した仕事が求められる点も社内SEのポイントでしょう。

システム開発よりも導入したシステムの運用や保守がメインになります。

また社内や顧客からの問い合わせに対して適切に応じる必要が出てきます。

また万一システムに障害が発生した場合にはその処置を一手に引き受けることになりますし、日ごろから予防対策をしっかり行っていくことが求められます。

求人情報との兼ね合いでいえば会社の規模、システムの規模が大きければ大きいほど仕事が大変になるということです。

こうした点も踏まえたうえで自分にとってやりがいのある社内SEの求人を探していくようにしましょう。